Video Games Overdose ゆるりとリニューアル中です
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

このゲームに限った話ではなくどのゲームにも人を選ぶ要素というのは少なからず含まれているものですが、このルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団は他のゲームと比較して特にその傾向が強いゲームと言っていいでしょう。

それらは例えゲームの中のフィクションだとしても人によっては嫌悪感を抱くような内容(性や暴力など)だったりするので、中には序盤のそういった描写のあるイベントでストーリーを進める気が失せてしまった方もみえるかもしれません。確かに私もなんだかなーと思う部分はありましたが、それでもその先が気になって結局はトゥルーエンドを見るまでやりこんでしまった、そんな不思議な魅力をもったゲームがこのルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団です。

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 プレイ状況

Switch版:トゥルーエンド・エクストラダンジョンクリア済

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団ってどんなゲーム?

システムがかなり複雑なのでざっくりとした説明ですら難しいですが、とりあえずこの手のダンジョンRPG的な雰囲気のゲームが好きな方にはぜひ一度手にとっていただきたい、そんなゲームではあります。

ゲームの特徴をそれなりに挙げてみる

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団の特徴をざっと挙げてみますと。

  • オートマッピング付きの3Dダンジョン
  • 戦闘はシンボルエンカウント方式
    こちらが一歩動くと敵も一歩動く、いわゆるローグライクゲータイプ
  • マップによってはどう考えてもその時点で勝ち目の無い強敵が徘徊している
    世界樹の迷宮で言うFOE的なアレ、通常の敵は目が赤いが強敵は紫
  • カブンという1~3体の人形兵からなる小隊を編成する
    実際は最大8体の人形兵を編成出来るがアタッカーとして戦闘に参加可能なのは最大3体まで
  • パーティーに編成出来るのは5カブンまで
    命令は基本的にカブン単位で行うのとバトル機能のオートorリピートが便利なので操作はそれほど面倒ではないが、装備を全ての人形兵にガチで揃えようとすると大変かも
  • 結魂書によってカブンに編成可能な人形兵の数が決まる
  • ドナム(魔法)も結魂書によって決まる
    一般的なRPGのようにキャラクター(ここでは人形兵)が魔法を覚えるという事が無い
  • 配置出来る人形兵の性別やファセットが限定される結魂書がある
  • 人形兵を強くするには魂移しで複数のファセットから欲しいスキルを継承していく
  • 同じファセットでも選んだ成長タイプによってかなりステータスが変わってくる
  • ハクスラ的な要素もあり
    同じ装備でもグレードがあり更にランダムで二つ名がつく場合がある

ここまでに出てきたカブン・ファセット・ドナム・結魂書のようにこのゲーム以外では見慣れない単語が多いので、まずその辺りを理解する事から敷居が高いと感じてしまう方もいるかも?

育成要素がとにかく多い

あまり細かい事を気にしなくても普通にやっていればとりあえずノーマルエンドまではいけるようですが、トゥルーエンドに進む為に裏ボスを全て倒そうとするとそれなりに人形兵や装備を鍛える必要があります。

で、その育成要素ですが適当に思いつくだけでもこんな感じ。

  • 人形兵のレベル上げ
  • 人形兵の魂移し
    色んなファセットを経由してスキルのいいとこどりみたいな
  • 人形兵のアニマクラリティ上げ
    人形移し時のレベルに応じて上がる数値、この数値が大きいほど同レベルでもステータスが高くなる
  • 結魂書のレベル上げ
    敵からのドロップしか入手手段が無い結魂書はその収集も必要
  • 装備の収集と強化
    固定宝箱からの一品物だと二つ名の為にリセマラする事も

私の場合、主力メンバーのアニマクラリティが30前後になるくらいは魂移しを行いましたが、装備の強化は全くやりませんでした。強化は1回限りなので素材にも強化済みのものをーとか思うとさすがにめんどくさくなっちゃいまして…

私としては久しぶりにやり込んだゲーム

最初にも書いたように本当に人を選ぶ要素を含んだストーリー展開ですが、それを受け入れる事さえ出来ればかなりハマれるゲームだと思います。私もゲームを始めた当初はえげつない性格のドロニアには控えめに言ってドン引きでしたが、ストーリー中盤でルカに対しての感情が少しずつ変化していく辺りから結構グっとくるものがありました。

もちろんそのイベントってホントに必要だった?とかあの変な人形劇や後味の悪いデッドエンドはどういう意図で入れたの?とか言いたい事は色々とありますが、ゲーム自体はかなり気に入ってしまったらしく実際ここまでやりこんだのは本当に久しぶりだったので結果的にはよしとしたいです。

それでもちょっとこれはなぁと思ったところは。

  • 全滅する落とし穴
    これは無いわ…わかっててもうっかり落ちる事あるんですよねぃ…
  • 全滅ペナルティのランダムで所持アイテムロスト
    これも無くてよかったのでは…
  • 頭部にクリティカルゴア
    出る分には嬉しいがくらうとめっさ痛い…即死扱いで拠点に戻らないと復活出来ません
  • 即死付き全体攻撃
    耐性盛ってないと一発でパーティー半壊、まぁ一部のボスだけですが
  • 最終的に物理系かドナム系かの違いだけで似たようなスキル構成に
    これはどのゲームでも割とよくある話でしょうか

昔のゲームみたいにキャラクターがロストするよりはマシと言えばマシですけどね?

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 関連サイト

任天堂の公式オンラインストア。「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ…
store-jp.nintendo.com

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 商品リンク